北朝鮮ミサイル発射に備え 政府が「破壊措置命令」:ワールドビジネスサテライト

     1
20160128_wb_ns03_3..jpg
北朝鮮が、長距離弾道ミサイルの発射準備の兆候を見せていることを受けて、中谷防衛大臣はきょう、自衛隊に対し、ミサイルの迎撃を可能にする破壊措置命令を出したことが、テレビ東京の取材で分かりました。この影響で、今週末に予定していた中谷防衛大臣の沖縄訪問は中止になったということです。北朝鮮が、6日に強行した

破壊措置命令は出しっぱなしにすべきだ。ミサイルが飛んできてもこれを撃ち落とせという命令がないと自衛隊がミサイルを撃ち落とせないのはおかしい。そんなことは自衛隊に任せたらよい。日本以外の国はいつでも撃ち落とせる態勢になっている。自衛隊に任せるとろくなことにならないという自虐史観が背景にある。

 -ニュースキュレーション -