政府 企業の農業参入へ 出資制限緩和を検討 

     2
1396257..jpg
政府は、地域を限り大胆な規制緩和を行う「国家戦略特区」を活用して地方創生を進めるため、今の国会に提出する改正案に、農業生産法人を設立・拡大す…

企業の農業参入には多くの規制が必要だ。儲からなくなっても農地を処分することはできないとか、事業をやめる時は事業を継続してくれる会社を見つけなければいけないとか、規制しておく必要がある。日本の国土が隅々まできれいなのは、お百姓さんたちが田んぼや畑を先祖代々の自分の家の土地として手入れしてくれているからだ。お金をかけて他人に頼むわけではなく自分たちの手できれいに維持している。東日本大震災後、人が住まなくなった福島原発周辺の状況を見るとよく分かる。また農業は食料を確保する基本であり、経済効率だけで考えるわけにはいかない。農地の維持と食料安全保障を念頭に置いた企業の農業参入でなければならない。

 -ニュースキュレーション -