挑発行為を強く非難=北朝鮮問題で一致-日中議員会議

     0
np_logo..png
 【北京時事】超党派による参議院の代表団(溝手顕正団長)が中国を訪問し、全国人民代表大会(全人代=国会)の代表団との間で22日、「日中議員会議」を開催した。双方は、北朝鮮の核実験とミサイル発射に...

中国は日本に対しリップサービスをしただけだと思う。何の行動もとらないであろう。日本の訪問団も北朝鮮を非難するだけで、日本の安全が脅かされている危機感を持たないことに中国はほくそ笑んでいるに違いない。日本は国の守りを真剣に考えていない、今後とも日本には圧力をかけ続ければいろいろと譲歩を引き出すことが出来ると確信したと思う。

 -ニュースキュレーション -