北朝鮮が平和協定交渉を提案、非核化含まれず米国は拒否=国務省

     1
1409420..jpg

アメリカは北朝鮮の核開発を容認している。だから核開発を続ける北の現状維持を望んでいる。現状を維持する理由が北朝鮮の非核化である。これは北が応じないから現状維持が続く。アメリカにとって北朝鮮は脅威ではない。日本など周辺諸国が脅威を感じアメリカに助けを求めることがアメリカの国益だ。そして北の非核化を話し合うことによって、日本や韓国などの核武装を封じたいと思っている。
北朝鮮はアメリカに交渉を要求しているが、アメリカが交渉に応じず、北朝鮮をやがて軍事攻撃すると国民に説明して、核開発を続ける。北の生活が豊かにならないのは金正恩のせいではなくアメリカなど外国のせいだとすることが出来る。そして一時的に経済制裁などを受けても、長期的に諸外国の支援や譲歩を引き出すことが出来ると踏んでいる。核を持てば国際政治を動かす世界の大国になれると考えているのだ。日本も北を非難するだけにとどまるのではなく、北に脅かされない国家安全保障を考えるべきだ。政治家よ、目を覚ませ。

 -ニュースキュレーション -