楽天・ヤマト、ドローン宅配の事業化検討 千葉で実験

     0
np_logo..png

飛行機は有視界飛行と言われパイロットが目で見て飛ぶ飛行方式と、旅客機のように計器の誘導で飛ぶ方式がある。将来ドローンの数がどのくらいになるかよく考えて衝突などの事故が起きないような施策を考えておかなければならない。現在日本の領域内で飛び立つ航空機は味方機と判定して航空自衛隊は監視の対象から外しているが、ドローンの数が多くなるとどのようにして監視するか、誰が監視するか、安全上の面からも検討が必要になる。

 -ニュースキュレーション -